名古屋で注文住宅を建てる場合にまず知っておきたいことは、敷地の重要性と依頼する会社の大切さです。どんな敷地で、どの会社に依頼するかで、他の条件が決まらなくても、どんな住宅が建つかの見当が付きます。それほど、敷地と依頼する会社は住宅を建てる場合に重要です。敷地で気をつけなければならないのは、災害に遭い難い事です。主な災害には地震と洪水があります。地震と洪水は別のものではなく、共通の部分があります。洪水が起きやすい敷地は一般に地盤が弱く、地震にも不利であることが知られています。洪水に遭いやすい敷地かどうかはハザードマップにより知ることができます。住宅の新築を依頼する場合の依頼先には、ハウスメーカー、工務店、設計事務所があります。初めにどこに依頼するかで、住宅の出来はまったく異なります。

地盤の良し悪しと住宅の構造の関係

名古屋で注文住宅を建てる場合、幸いにも強固な地盤を持つ敷地を確保できた場合は、余計な心配をすることなく住宅を建てることができます。強固な地盤の敷地では、屋根に瓦を葺くことも可能です。木造軸組み工法で瓦の葺かれた住宅は、100年以上の耐久性が期待でします。軟弱な地盤の敷地や、洪水の発生が予想される敷地しか確保できない場合は、建築の構造を工夫する必要があります。洪水の危険は無く、地盤だけが弱い敷地では、住宅は平屋にして、軽量化を図ることが効果的です。洪水の発生が予想される敷地の場合は、鉄筋コンクリート造の住宅が勧められます。鉄筋コンクリート造の住宅は水害に強く、洪水が起きても流され難くなります。鉄筋コンクリート造の住宅は構造計算がされるので、地震に対しても安全です。

会社によって異なる住宅への取り組み

名古屋で注文住宅を建てる場合は、依頼先が重要な意味を持ちます。依頼先にはハウスメーカー、工務店、設計事務所があります。ストレス無く一定の品質の住宅を求めるなら、ハウスメーカーへ依頼することが勧められます。住宅は規格化されたものになりますが、間取りは自由にできるはずです。地震にも強く、50年程度ならば建て替えることなく使い続けることができます。決められた住宅ではなく、仕様も自由に決めたいのであれば、工務店への依頼が勧められます。工務店は技術力に優れ、自由度もあるので、施主の要望をかなえてくれます。こだわりを持った住宅やデザイン住宅を希望する場合は、設計事務所への依頼が必要です。打ち合わせの時間は必要となるものの、期待に副った住宅をつくることができます。